天寿酒造株式会社 この酒で百歳まで 「美酒 天寿」 天寿酒造
カートへ進む
サイト内検索
HOME
新着情報
うまさへのこだわり
蔵元通信
イベント情報
天寿の飲める店・買える店
製品一覧
会社概要
天寿プレミア倶楽部
お問い合わせ
English
GET Flash Player
本サイトは一部FLASHを使用しています。上のバナーをクリックして最新のFLASH PLAYERをダウンロードしてください(無償)。

2013 2/16 天寿 酒蔵開放 開催レポート

記:総務

天寿 酒蔵開放 ご報告 (午前の部)

天寿酒造の酒蔵開放

2月16日は、冷え込みの厳しい朝となりました。

午前8時くらいには、朝日が差して今日はいい天気になるのかと思いきや、雪が降ったり止んだりし、日中の気温もさほど上がらず最高気温が-2度という寒さ厳しい一日でした。

お客様の出足はどうなのかと案じましたが、準備は万端に致しましたので、張り切って蔵開放のスタートですdash

 

2013_0216_085745p2160009
9:00  ボランティアさんが集合し、朝の打ち合わせです

社長がご挨拶させていただきました。

「本日は、ボランティアにご参加いただきありがとうございます。この蔵開放でボランティアを集うのは、1500名を超えるお客様に対応するのは社員だけでは到底対応しきれないということもありますが、地元の酒蔵に親しみを持っていただきたく、また我々も地元の方との親交を深めたいとの思いがあります。また、お客様に対しては、米どころ秋田の名産は『日本酒』ということで、地元の名産である酒造りの仕方を紹介したいという気持ちを持っております。回を重ねるごとにお客様が増える一方、蔵開放に合わせたイベントの「矢島の冬まつり」も開かれるようになり町おこしにもなってきており、多方面から多大な協力を得て大きなイベントへと成長しており大変ありがたく思っております。本日はご苦労おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。」

今回の実行委員長である佐藤利和からは、この後担当部署に行き担当長から説明があること、昼食や終了後の打ち上げの事、注意事項等の連絡をいたしました。

恒例の記念撮影は、あいにく雪が強く降ってきてしまい、皆さまのお顔が良くわからない状態で申し訳ございません。

2013_0216_091508p2160015

担当部署では、作業内容の説明がありました。

2013_0216_091937p2160021_2

スタッフが全員配置に着いた頃

受付には続々とお客様がいらしており、10:00スタート第一弾の蔵案内が始まりました。

2013_0216_095820p2160086

ビン詰め工程の見学

自動洗浄機を使って、ビンを消毒した後、お酒を詰めます。洗浄後にビンに割れやヒビが無いかを確認してからお酒が詰められますが、詰めてからも再度、光を当て目視検査を行います。そしてラベルが貼られて皆さまが目にする天寿のお酒の姿となります。

2013_0216_100615p2160092

酒母室

酵母菌を育てるところです。天寿酒造では、花酵母を使ったお酒に力を注いでおり、天寿のお酒で人気の高いのが純米大吟醸「鳥海山」ですが、このお酒もナデシコの花酵母を使って醸しております。

2013_0216_104323p2160147


麹室の前にて麹菌についての説明

シャーレを指でピン!とはじくと麹菌が空中に舞い上がります。コショウを振るように麹菌を振りかけるのではなく、このように空中に舞い上がらせてふんわりと広がって自然に落ちていくのを利用して全体に降りかかるようにします。
2013_0216_105821p2160163_2

醪室では課税済みの醸されたばかりのお酒が試飲できます。

ここでは、醪タンクを覗く事ができ、フツフツと発酵している状態のお酒を見学できます。

2013_0216_103416p2160136

振り向いたら偶然に、いい感じにパシャリcameraimpact ありがとうございました~

2013_0216_103302p2160133_4

精米工程では、お米がどれくらい磨かれて小さくなるかを展示したコーナーに見入っておいででした。

削られた米ぬかの、一番外側は米油を造る業者さんに引き取ってもらい、その次は家畜の飼料、また白い部分はおせんべい屋さんに行きますので、酒造りは無駄が無く捨てる部分が無いのが長所でもあります。

2013_0216_153820p2160335

精米所を出ると、雪室があります。

搾ったお酒のタンクごと4月の末頃までに雪の中に閉じ込めます。

2013_0216_153832p2160336
これが、雪室氷温熟成純米生酒として販売されます。

そして、いよいよ搾りたてを試飲できる場所『槽場』です。

まずは、香りを楽しんでいらっしゃいました。こうやって日本酒に真剣に向き合ってくださるお客様が増えて蔵人もやりがいを感じております。
2013_0216_115417p2160246

この搾りたては、すぐにビン詰めされ蔵開放日だけの
限定即売コーナーに並びます。

2013_0216_115340p2160243

槽場から窯場へ戻る長い通路には、天寿酒造の歴代社長、歴代杜氏の写真や年中行事の写真の展示があります。

2013_0216_102116p2160109_2

ここで蔵案内は、終了します。

//////////////////

11:00 郷土芸能「猿倉人形」上演 (第一回目)

秋田弁まじりの人形芝居は、面白く懐かしい感じがいいとのお客様からのお言葉を頂きました。今年も2公演が満員御礼でした。ありがとうございます。
2013_0216_114216p2160227_2


12:00 本マグロの解体ショー

全長約 120cm 重量 60kgの大物です。

見事な包丁さばきに観客からは、ため息が出ました。柵ごとに切リ分けられたパックは、みごと完売致しました。



午前の部のご報告は、これで終了させていただきます。

 

 

 

天寿 酒蔵開放 レポート 午後の部

12:00 お腹を満たすために休憩所は満員

立っている方が多数いらっしゃいます。お席が用意できず申し訳ございませんでした(*_ _)ゴメンナサイ

2013_0216_110336p2160171_2

この会場には、『天寿名物 カモ鍋』がありますからね

2013_0216_110433p2160175_2

『雄和トールケーゼ』さんのチーズ・ケーキ・オニオンスープetc・・・

2013_0216_110453p2160177
この蔵開放の為に特別に作ったという『塩麹漬けのモツァレラチーズ』はとっても美味しかったです!


『母の味 旬』さんの寒こうじ漬けetc・・・

2013_0216_110512p2160178

『ももや』さんの百宅そばや松皮もち等が並んでおり、珍しい食材にお客様のお財布のひもがゆるみました(゚ー゚)

2013_0216_110442p2160176

13:00 二回目の餅つきがはじまりました

2013_0216_130341p2160291

つきたての餅を入れたおしるこは、食後のデザートになりました~(*^-^)
2013_0216_132135p2160301_3

そして、試飲即売コーナーでは、ボランティアさんが大活躍

2013_0216_112626p2160202_2

よっ!きれいなお姉さん。色っぽい呑み方ですね
2013_0216_112921p2160207_4

天寿酒造OBも駆けつけてくれ、お酒の説明をしながらお客様のお猪口へおしゃくです。

2013_0216_112910p2160205

 

大吟醸ショット販売では、寒い為にお燗酒の売れ行き好調でした。

あるお客様は、お燗した燗上がり純米酒をお求めくださいまして、『ん~~、納得した!』って私たちが『???』の顔をしていたら、試飲コーナーで燗上がり純米酒の冷を試飲したのですが『???』だったそうで、お燗したら納得する旨さになっていたそうです。ありがとうございます。

2013_0216_121530p2160279

 

お客様にタイミングを見つけて社長が、ごあいさつ
2013_0216_122710p2160288

楽しい会話で、大きな笑顔
2013_0216_102815p2160124

 

14:30 酒造り体験

酒造りを実際に体験していただく企画です。13名の方が、挑戦してくださいました。

室温-2度、水温2度という厳しい条件の下、酒造りの始まりです。

2013_0216_142708p2160306

いつもですと、お米をとぐだけで終了なのですが、今回は浸水までやってくださいました。

お米が浮いてこないようゆっくりと沈め・・・そして、見つめております。ここで愛情たっぷり入りましたねup おいしいお酒に仕上がること間違いなしです。

この酒造り体験に参加いただいた皆様には、このお酒ができあがったらお知らせして、ご購入いただけます。自分で造ったお酒を飲めるのですから、お酒好きにはたまらないサプライズ☆ 出来上がりがとっても楽しみ~とおっしゃっておりました。

2013_0216_144452p2160320

 

最終受付が終了すると、ボランティアさんの酒蔵見学タイム

2013_0216_152431p2160332
こうして今年も無事に蔵開放が終了いたしました。

ご来蔵いただきました皆様、このブログをご覧になっている皆さま天寿酒造は七代目の社長の下、新しい杜氏と蔵人、従業員一丸となって、天寿のお酒を飲んだ皆さまが笑顔になれるような酒造りに励んでおります。

今後とも皆さまの叱咤激励をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

↑このページトップへ戻る
(c) Tenju Shuzo co., ltd.