サイト内検索

うまさへのこだわり

蔵の人々

杜氏を中心に、蔵人には受け持つ仕事の分野ごとに役職が有ります。

繊細な作業の一つ一つを、スペシャリストたちが力を合わせてこなしていくことで、”うまい酒”が醸されるのです。

頭 精米師
頭 かしら 精米師 こめや
杜氏を補佐・蔵人の指揮を執る 精米全般の工程管理を行う
麹師 こうじや
麹造りの主任者
釜師 酒母師
釜師 かまや 酒母師 もとや
洗米・蒸米の工程管理を行う 酒の母とも言えるもとを育てる
もろみ師 槽師
もろみ師 もろみや 槽師 せんどう
もろみの仕込みを行う もろみを酒袋にいれ絞る作業を取りまとめる
杜氏  一関 陽介
杜氏 一関 陽介
酒のコンセプトを決め、酒造りの環境を整えるのは酒蔵の主(経営者)ですが、杜氏の仕事は酒造りの責任者という技術者としての側面と、蔵人という酒造りチームの監督としての側面があり、酒造りのすべての技術に精通し、統率力、判断力、管理能力を備えていることが必要とされます。
その大きな役目を担うべく、139回目(平成24年)の造りから一関陽介が杜氏となりました。
(c) Tenju Shuzo co., ltd.